Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカゴ

中学生のころ好きだったシカゴ。
とはいっても、16と17(アルバムタイトルね)しか
聴かなかったけど(^^;

それでもこの2枚はホントによかった♪

なかでもお気に入りはこれ。

ピーター・セテラの声って癒されるなぁ

スポンサーサイト

Something Else

Eddie CochranのSomething Else。

うちのブログのタイトルにもなってる

彼の代表曲の1つ。

何度聴いてもかっこいい曲だなぁ

50年も前の曲なのに全然色あせない。





IMAGINE

ジョン・レノンの代表曲といったら「イマジン」でしょうね。
この曲は繊細なピアノに合わせたジョンのボーカルが
美しいんですがアコースティックギターでの弾き語り
バージョンもすばらしいんです。
こっちのほうが、ぼくは好きかも


Eddie Cochran

尊敬するミュージシャンは何人かいるんですが、
エディ・コクランもそのひとり。
1960年、21歳の若さでこの世を去るまで、
わずか4,5年の音楽活動。
それでも、ロック史に残る名曲を数多く残した
伝説のミュージシャン。
彼の作った音楽、弾いていたギター、声。
すべてがぼくにとってパーフェクト。
実は高校生のころ、セックスピストルズが
カバーしたカモン・エブリバディや
サムシング・エルスがコクランのオリジナルとは
気付かずに聴いてました
でも、コクランのオリジナルを聞いたときに正直、
ぶっ飛びましたね。
それでコクランのCDを買いあさりました。
丁度、時代はネオロカビリーの第2次ブーム。
結構簡単に集めることが出来ましたね。
その中でも、究極のお気に入りが
「THE EDDIE COCHRAN BOX SET」
4枚組で収録曲が100オーバー!!!
ライブ音源やデモ、インストナンバー、
そしてセッションメンバーとして参加した音源など、
貴重な曲がテンコ盛り。
当時、ネットなんてなかったから、すごくこのボックスセットは
貴重だったんですよ。
今ではネットで何でも探せますけどね。
というわけで、購入から10年以上経ってますが、
これは今でも良く聴くCDです。
ギターを片手に聴いてます。
もちろんギターはグレッチ6120

エディコクランボックスセット

↑マウスで弾いてみよう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。